rv-region.l

Last modified: "2008/01/01 01:47:13"

Description

rv-region

リージョンを反転表示します。そして、それなりに解除します。 一応、リージョンの作成と同時にセレクションもつくれたりします。(たぶん)

auto-space.l と併用する場合は、 *rv-region-stay-on* を nil にしておいた方が良いみたいです。 TKI さんとこ にもリージョンを反転するものがあります。


Download ...

Install

NetInstaller からインストールして、自動設定機能を利用していれば、 xyzzy を再起動するなりして設定を反映させればおしまいです。 (siteinit.l に自動設定機能の記述をしている場合は、ダンプファイルを作成しなおしてください)。

NetInstaller を使用していない場合、もしくは、自動設定機能を利用していない場合は、 rv-region.l のコメント文を参照ください。


Usage

NetInstall のオートロード機能を使用した場合、C-@ キーでマークを設定すると、 リージョンの反転表示を開始します。

リージョン、セレクション、矩形、マウス関係等のコマンドを実行すると、 反転表示が解除されます。強制的に反転表示を止める場合は、C-g してください。

反転色の変更は、共通設定の「ニセ反転色」でできると思います。 しかし、[共通設定][表示][ちゃんと反転する]にチェックが入っていると、 「ニセ反転色」は使用されないようです。


Setting

マークセット後は必ず反転表示を開始

マークセット後は必ず反転表示を開始する(反転表示待機状態にしておく)場合は、以下の設定をします。 この設定により、*rv-start-command-list* に登録されたコマンドを実行後、 リージョンの反転表示を開始します。

(setq *rv-region-stay-on* t)

M-x rv-toggle-watch により、反転表示待機の停止/開始を切替えることもできます。

リージョンの作成と同時にセレクションも作成

リージョンの作成と同時にセレクションも作成し、反転表示はセレクションに任す場合は、 以下の設定をします。

(setq *rv-region-use-selection* t)

その他の設定については、rv-region.l のコメント文を参照ください。


History

  [Version 2.04] 2007-12-31 (月)
  ・ライセンス条項(MITライセンス)を記載。

  [Version 2.03.2] 2004/04/09
  ・*rv-exit-command-regexp* に,register を追加した。

  [Version 2.03.1] 2003/04/19
  ・*rv-exit-command-regexp* に、tabify を追加した。

  [Version 2.03] 2003/01/28
  ・rv-restart の追加および処理がいくらかでも軽くなることを願って
    rv-region-command を書き直してみた。
  ・*rv-exit-command-regexp* にいくらか追加した。
  ・rv-region-toggle-watch を rv-toggle-watch に変更した。
  ・rv-region-check を rv-check に変更した。
  ・「使い方」の「その1」と「その2」を入替え、「その1」をおススメ
    とした。

  [Version 2.02.1] 2003/01/26
  ・2.02 で修正できていなかったのを修正した。
    かぎわださんが詳しく書いてくれていたのに...。;(;_;);

  [Version 2.02] 2003/01/26 (日)
  ・*rv-region-use-selection* を t にしていると、set-mark-command
    でしか反転表示(セレクション)が開始されないのを修正した。

  [Version 2.01] 2003/01/26 (日)
  ・かぎわださんのを参考に、リージョンの作成と同時にセレクションも
    作成し、反転表示はセレクションに任すこともできるようにした。
  ・rv-region-start, rv-region-stop を interactive でなくした。

  [Version 2.00] 2003/01/22 (水)
  ・TKI さんのを参考に、マークを設定するコマンドの実行を待ってリー
    ジョンの反転表示を開始することもできるようにした。
  ・反転を止めるコマンド実行後も、次のコマンド実行まで反転表示を続
    けることもできるようにした。
  ・矩形処理実行後にも、反転表示を解除するようにした。
  ・その他いろいろ。

  [Version 1.02] 2003/01/18 (土) 夜
  ・終了するコマンドを全て列記しないで、大体で判断するようにした。
  ・*rv-continue-command-list* を追加した。

  [Version 1.01] 2003/01/18 (土) 朝
  ・rv-quit を削除した。

  [Version 1.00] 2003/01/17 (金)
  ・つくった。
    

License

  rv-region.l はMITライセンスに基づいて利用可能です。
  

Copyright (c) 2003-2007 HIE Masahiro

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
in the Software without restriction, including without limitation the rights
to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in
all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN
THE SOFTWARE.
    

(^_^)